東京銀座みゆき通りすぐそばの予約でないと買えない最中「空也」

Pocket

1週間前に予約

前回の東京出張の折に銀座のかりんとう「たちばな」で家族にお土産を購入後、折角なので歩いて5分ほどの距離にあるみゆき通りから10mほど入った場所にあるこちらのお店にやって来ましたが、本日分のもなかは予約で完売ですの張り紙で買えずに帰っていました。
今回の出張では、かりんとうの方は予約なしでも買えるのでこちらの最中10個入りを1箱だけ1週間前に予約を入れておりました。電話の対応もスムーズでどうやら予約を入れておけば問題なく買えるようです。出張当日のこちらのお店の入り口横にはやっぱり当日分のもなかは……..というくだりの張り紙がなされていましたので基本的には予約しないと買えないお店の様です。予約方法は、電話予約で16時ごろに電話しました。平日でしたので電話は、すぐ繋がりました。
自宅へ帰って気づきましたが、商品と一緒に入っていたお店の説明書きの紙にも1週間前でも1か月前でも構いませんので予約をしてほしいという旨の説明書きが書かれていましたので商品の品質保持か何かの都合上予約を受けての生産がお店の基本方針の様です。

店内は、予約客のみの対応をすることが前提なので商品の陳列等は一切なく受付のカウンター越しに予約済みの商品がたくさん並び名前を告げると袋に入った商品を目の前に持ってきてくれ代金を支払います。

小っちゃいもなかにしっかり目の粒あん

10個入りで1,030円でした。10個は一番少ない量の詰め合わせで50個入り108個入なんてのもあるようです。この10個入りの箱は、どうやら贈答用の化粧箱に入ったものもあるようで化粧箱になると+100円の1,130円となるようです。1段5個で5個×2段で10個入っています。箱を開けた瞬間の皮の香ばしい香りが部屋に広がり心を揺さぶります。
皮はさっくりと香ばしいのはもちろんですが、やっぱり主役は餡子です。餡子は粒あんのしっかり目の硬さです。餡の甘さが絶妙で単体で食べると甘く感じる方もいるかと思いますが、薄茶といただきたくなるような絶妙の甘さ加減、しっとりとあっさりした甘さの砂糖の味を楽しめます。また、小豆のしっかりとした形を保った粒が丁度良い割合で入っており小豆の風味と皮の旨味がしっかりと感じられる餡子です。
自宅でいただくのはもちろんですが、銀座のかりんとうともなかは誰にでも喜ばれるちょっと気の利いた手土産として利用価値が高いですね。

お店の情報

空也
住所:東京都中央区銀座6-7-19
電話:03-3571-3304
営業時間:午前10時〜午後5時(土曜:午後4時閉店)
定休日:日曜日、祝日

Follow me!