小浜⇔大原口の鯖街道の鯖寿司2軒を食べ比べ「栃生梅竹」「まる姫」

Pocket

鯖街道とは

少し前になりますがアメリカ大統領がオバマ大統領に決まった時、福井県の小浜市が注目を浴びました。今はメガネのフレームで有名なこの町は昔は若狭湾で採れた海産物を京都へ運ぶための物流ルートの起点でした。

ここから京都出町橋付近に至るルートは、途中熊川宿、朽木を通る若狭街道と言われ、今では鯖街道の呼び名の方が一般的です。現在は京都の中心街より大原三千院前を通って自動車で小浜市へ至ることができる国道367号線や国道27号線が相当するそうです。

鯖寿司のお店が結構あります

輸送した海産物の中でも特に鯖が多かったため鯖街道といわれ、京都はこのルートのお陰で新鮮で美味しい鯖が手に入りいづういづ重千登利亭といった多くの名店が存在し、鯖寿司は京都3大祭りの際にも食べられ京都の文化・生活上欠くことのできない地位を得ています。

鯖街道沿いにも、鯖街道京都側の起点にあたる下賀茂神社近くにもお店を構える花折(花折峠にもお店があります)をはじめとして途中、朽木を中心に鯖寿司のお店が街道沿いに複数軒あり(おそらく5軒以上10軒未満)こちらも、京都市内の鯖寿司の名店に負けず劣らず非常に美味しいお店があります。

本当は4~5軒ぐらいを食べ比べたかったんですがおなかの都合もあり今回は2軒だけですがはしご寿司をしてきました。

朽木には名店2軒が向かい合わせで営業中

まず、1軒目は「栃生 梅竹」です。
看板
外観
メニュー
鯖寿司

鯖街道沿いの最も訪れるお客さんが多いお店ではないかと思います。
鯖寿司は鯖の脂の乗り具合の違い?で3種類あり、安価な物から順に元祖、特選、極上とランク分けされています。作り置きはしておらず注文を受けてから鯖寿司を巻くのでお客さんがほとんどいなくても出来上がるまでに10分ぐらいはかかります。

お店の隣の建物に4つほどテーブルが用意されておりお茶をセルフサービスで入れ出来立てをすぐに食べる事ができます。ここの鯖寿司は、鯖そのものの味が前面に出た薄目の味付けの〆鯖がたっぷり使われていて非常に肉厚で美味しいです。初めての方はちょっとビックリすると思います。
また、食べてみると作り置きしない理由が良くわかります。鯖の水分が非常に多く、口に入れるとしっとりとした食感とジューシーな肉汁ならぬ鯖汁が溢れます。時間がたつとこの水分が外に出て、すし飯全体を覆いびちゃっとするんじゃないかと思います。
その為に持ち帰りはできますが長時間の持ち帰りなら隣の建物で食べて帰った方が良さそうです。

初めての場合は、せっかく作り置きしない足の速い鯖寿司なので、出来立てじゃないものを食べると本当の良さを味わえないかもしれません、できればイートインで出来立ての味を是非知っていただきたいです。

鯖寿司
鯖寿司
鯖寿司
2軒目は梅竹を食べてすぐに道路を渡り黄色い建物が目印の「まる姫」へ
まる姫外観
ショーケース
メニュー
貼り紙
店内
店内

こちらの鯖寿司は店内ショーケースに箱に詰められて置いてあります。
梅竹と違い作り置きのようです、そもそも、鯖寿司は作り置きの方がスタンダードですからね。
鯖寿司は2種類、こちらは鯖の種類じゃ無く調理方法で分けられていて、焼きと生です。お店のおばちゃんに売れ筋を聞くと焼きの方がこちらのお店の売れ筋だそうです。こちらのお店も店内で食べて帰ることができます。またお昼の時間は鯖寿司だけでなく鯖寿司を含む定食の設定があり少しずつ数種類食べたい場合は定食がピッタリです。

こちらでは焼鯖寿司を注文し、店内で食べて帰ることにしました。先ほどの梅竹の鯖寿司と比べると全く別の料理です。ちょっと甘めの醤油のツメ的なたれが噛みしめるごとに旨味あふれる焼鯖に良く合います
鯖とすし飯の間にはスライスされた生姜と大量の胡麻が香ばしさとピリッとした辛みのアクセントを演出しています。生魚が大好きな人は梅竹がいいかもしれませんがちょっと苦手な人は断然こっちの方を好むんじゃないかと思います。

焼鯖寿司
焼鯖寿司
焼鯖寿司
2軒を食べ比べて

結論としては、どっちの鯖寿司も非常に美味しいです。

魚料理が苦手でなく鯖の香りが気にならないことが前提ですが、酢の効いたお寿司の香りや味が好きな人は梅竹が絶対美味しく感じます。あのジューシーさは他では味わえない唯一無二の鯖寿司だと思います。

対してまる姫の鯖寿司はちょっと甘めのデザート感覚、魚料理が余り得意でなくちょっとした匂いでも気になる方はこっちの焼鯖寿司がいいでしょう。甘辛いたれと香ばしい焼き魚の香り、噛みしめると溢れる鯖の旨味が美味しく感じると思います。もちろん胡麻と生姜のアクセントも見逃せません。子供も好む美味しさの鯖寿司です。

両方行きたい方は、賞味期限の足の速さの違いを逆手にとって、イートインで梅竹、持ち帰りでまる姫がお勧めです。

お店情報

栃生梅竹 (とちううめたけ)

住所:滋賀県高島市朽木栃生275-1

電話:0740-38-3297

営業時間:10:30~18:00

定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)

まる姫

住所:滋賀県高島市朽木栃生294

電話:0740-38-2380

営業時間:9時〜19時頃 (1月〜2月は 〜18時)

定休日:無休

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

Follow me!