岡山の田舎町にあるミシュラン三ツ星の流れをくむフランス料理「ビストロ・ヴォナ村 ヤスダ」

Pocket

お店の作りはヴォナ村

岡山県の朝口市鴨方にあるフランス料理店、ヴォナ村へ行ってきました。事前に3,800円のコースを予約済みです。ディナータイムは完全予約制です。
周囲は、写真の様に真っ暗です。ほとんど明かりがありません。こんな場所にありますが店内はほぼ予約で満席です。それもそのはず、こちらのオーナーシェフは、フランスボジョレー地区のミシュラン三ツ星レストラン「ジョルジュ・ブラン」で修業をされた経験があるそうです。
ヴォナ村というお店の名前は、そのジョルジュ・ブランの所在地から付けたようです。このヴォナ村という村は、ジョルジュ・ブラン関係の施設であるホテルやレストラン、ブティックやパン、ケーキのお店などがたくさん立ち並びジョルジュ・ブラン帝国とも呼ばれる村だそうです。その為、村の景観そのものもジョルジュ・ブランのピンク系統の色を基調とした田舎風の建物が立ち並んでいるそうです。
こちらのお店も、ジョルジュ・ブランのピンク系統の色で統一されたフランスの田舎風の建物の外観であるのもヴォナ村を意識したお店の作りになっているのです。また、こちらのお店のトレードマークであるニワトリのマークもジョルジュ・ブランの名物料理であるブレス鶏クリーム風味がモチーフとなっているようです。

3,800円のコース料理

3,800円のコースは、オードブルから始まって、スープ、魚又は肉料理のメイン料理、デザート盛り合わせと飲み物のコースです。
オードブルは、サラダ、パテ、鰹のマリネにタルタルです。どの前菜も素材の味を活かした味付けで過度な味付けは行われていません。細かく刻まれていてもしっかりと歯ごたえを残しながらさっぱり通した味付けでいただけます。

ネットリ濃厚なスープが非常に美味

スープは、人参とパプリカの風味がしっかり感じられながら全く嫌みの無い濃厚な旨味が感じられるスープでした。非常に濃厚なスープですが、泡のおかげで濃厚なスープがさっぱりすっきりと味わえます。めちゃくちゃ美味しい!!

メインは魚料理か肉料理の選択

メイン料理は、魚か肉の選択です。この日は2名で肉と魚をそれぞれ注文、事前予約の際に伝えていました。
魚料理は、スズキ、鯛、ホタテのポアレです。香ばしい魚の上に散りばめられた野菜や花、パプリカのソースとエンドウの粉末が非常に見た目に綺麗で食欲をそそります。フワッと焼けた食感の良い魚をバターの香りとソース、魚の香ばしい香りが包みます。

肉料理は、牛ひれ肉です。自家製のベーコンをまといカリッと焼かれたひれ肉は柔らかすぎず硬すぎず、付け合わせの野菜のカリッとした食感が肉の食感と対照的です。表面がカリッと焼かれた肉は噛みしめるたびに旨味があふれ出し、ベーコンの香りと旨味が一体となって牛肉単体では味わえない味の深みが素晴らしく美味しい。

4種類のデザート盛り合わせとコーヒー、紅茶

パッションフルーツのタルト、レモンのチーズケーキ、アニスのプリン、カシスのシャーベットの4種類、どれも非常にフルーティーで美味しい香りが印象的なデザートです。酸味と甘みのバランスとそれぞれに特徴的な香りの違いが食べて楽しい盛り合わせです。

お店の情報

ビストロ ヴォナ村ヤスダ
住所:岡山県浅口市鴨方町小坂東2307-8
電話:0865-44-0141
営業時間:11:15~14:00 ランチは無くなり次第終了です。
            ランチコースは2500円前後で前日予約可能
     17:00~20:00 夜は要予約
定休日:水曜日・第3木曜日

Follow me!