高知の本格手打蕎麦「おく実庵」でランチ

Pocket

土佐道路の能茶山交差点ちょっと入った場所

関西より西は、蕎麦よりうどんが好まれ、お店の数も圧倒的に蕎麦屋よりうどん屋が多い土地柄です。高知でも麺類はラーメン、うどんに比べて非常にマイナーな存在の蕎麦、こと本格的な蕎麦屋となると数えるぐらいしかありません。こちらのお店はそんな中でも数少ない本格的なそばを提供するお店で、土佐道路沿いに駐車場がありちょっとお店は見えにくい場所にあります。場所は土佐道路の能茶山交差点から50mほど西にある四国銀行隣に駐車場がありその奥にちらっとお店が見えます。黒い外観で紺色の暖簾が目印です。

昼のサービスメニューはかなりお得

お昼のメニューは、もり蕎麦かかけ蕎麦のどちらかと丼が1品セットになった丼物セットがお昼のサービスメニューとして用意されています。丼物はかきあげ天丼、親子丼、穴子丼の3種類の中から1種類を選べるようになっていました。昼のランチタイムは11時半より14時20分の約3時間です。ディナータイムの料金を見るとかけ蕎麦・もり蕎麦が620円、夜の丼物セットというのがあり、親子丼が+880円と書かれていますので、同じものではないかもしれませんが合計1,500円が980円ですからかなりお得です。

もり蕎麦と丼の量のバランスが絶妙

お昼のランチは、蕎麦の量と丼の量が2つを食べると丁度お腹が満足する量で両方共を十分堪能できます。蕎麦は二八蕎麦でしょうかね。この日のもり蕎麦はちょっぴり柔らか目に感じちょっと残念でした。そばつゆは、甘さ控えめ醤油の効いたかえしが強めな印象のそばつゆでした。
一緒にいただいた丼はかき揚げ丼です。玉ねぎ中心のかき揚げにプリッとしたむきエビが入っています。かき揚げはしっとりと柔らか目のかき揚げで粒の立ったご飯と一緒にいただくと丁度の印象です。穴子丼は、煮たあなごをちょっと炙って香ばしくしたものが乗っています。高知ではあまり穴子を食べませんがうな丼のあなご版に蕎麦屋のアレンジといった感じです。ただ、穴子が柔らかくちょっと高知のうな丼を想像して注文すると想像していたものとは違ったものと感じるかもしれません。

もり蕎麦
もり蕎麦

お店の情報

おく実庵
住所:高知県高知市鴨部2丁目1-9
電話:088-844-8677
営業時間:11:30~15:00 17:00~20:30
定休日:水曜日


四国ランキング

Follow me!