メニューはぎょうざと中華そば、酢クラゲのみ、もっちり餃子がおいしい「白雅」

Pocket

今治のぎょうざのお店

地方の商店街はどこもそうでしょうが、こちらの商店街も郊外店の進出に押されて苦戦気味の様子、それでも、周囲のお店は個性的だけれども昔からやっているような飲食店が、多く残っています。
こちらのお店もそういったお店の一つで、餃子とそれ以外のメニューは中華そばと酢クラゲのみ。昭和30年代よりこの場所でお店をやっているそうです。

すぐ斜め前にはかき氷?洋菓子?で人気の「玉屋サントノーレ」があります。夏だったらはしごもあるんでしょうが、今回はかき氷って気分じゃないので夕ご飯を兼ねての餃子です。

店内の様子

店内は、カウンターと一段上がった畳敷きの座敷のテーブルが4台あり1台に付き4名がテーブルを囲めます。テーブルの上には餃子用のタレと自家製ラー油、中華そば用の胡椒が置かれておりサントリー角瓶での水の提供です。

メニューはさすがぎょうざのお店!潔いシンプルさ!!

メニューは初めに書いた通り餃子、中華そば、酢クラゲのみで、餃子は、焼き餃子と水餃子があります。また、中華そばは秋から春の季節のメニューで、夏場は冷麺に変わります。
どの料理も計算しやすい様に1人前440円です。飲み物も440円が多いですね。

飲み物はビール3種類、日本酒、ぶどう酒、中国酒2種類、ノンアルビールとウーロン茶が用意されています。今気づきましたがサントリーの角瓶は無いので水は角瓶似の何かのアルコール飲料の入っていた容器でしょうかね。

基本的に、メニューの感じを見るとアルコールと餃子をセットで楽しむためのお店のようです。

持ち帰りが地元に人気

また、地元の方には持ち帰りが人気の様で午後6時を過ぎると持ち帰り注文の電話とお店の前に車を停めてさっと入ってきて代金を受け渡し大きな袋に入った餃子を持ち帰るお客さんがたくさんやって来ます。さながら餃子のドライブスルーのようです。
自宅で餃子をつまみに家呑みができますね。


味も見た目も対照的な2種類の餃子

2名で餃子と中華そばを注文しました。飲み物はビールとノンアルビールです。
焼き餃子は棒型、水餃子は耳型に成形されています。
両方の餃子共にテーブルに運ばれてきたその瞬間の印象だけで非常に美味しそうな感覚を感じ食欲が増進します。

焼き餃子の見事に均一な焼き色とその大きさ、見るからに香ばしい皮の香りが想像を掻き立て乾いたのどへのビールとその相方である餃子の仕事ぶりが心を刺激します。食感は意外とモッチリとした皮の感じが残っています。

水餃子は、つるっ、ぷりんとした湯で上がりの様子が同じ餃子でも全く異なった食べ物となっています。こちらのお店では包んですぐの物をゆで上げており水餃子に合わせた厚めの皮にしっかりとした食感が残りモッチリとした皮の中から餡が一気に出てくる食感が爽快です。
こっちの餃子はさっぱりとしたビールというより五加皮酒や老酒といった強い旨味の中国酒のほうが好相性だと思います。

たれは、大きな特徴は無いものの、これだけは注意デス! ラー油の入れすぎ。
自家製のラー油が思った以上に辛いので他のお店(王将など)のラー油と同じように入れると辛すぎになります。注意が必要です。

中華そばは鶏ガラ、豚骨のスープで専門店にも負けない旨さ

中華そばは、鶏ガラメインの豚骨で愛媛県に特徴的なちょっと甘めの醤油味、こってり系ではなくどちらかと言えばすっきり系、具材はもやしとアサツキ、チャーシュー1枚です。440円ですからね。ちょっと太めのストレートなコシのある中華麺が良く合います。

お店の情報

ぎょうざの店 白雅
住所:愛媛県今治市共栄町2-3-9
電話:0898-22-6315
営業時間:昼11:30~13:30   夜16:00~21:00
定休日:月曜日

Follow me!