今治は焼き鳥だけじゃない…ホルモン料理「呉本屋」

Pocket

一人2,000円もあればお腹いっぱい

呉本屋
呉本屋看板
室内
メニュー

愛媛県の今治市と言えば鉄板で焼く今治焼き鳥が非常に有名ですが、同じ鉄板繋がりで鶏皮でなくホルモンを焼く、ホルモン料理の「呉本屋(くれもとや)」さんに行ってきました。

ホルモン料理と書いてありますがホルモンやバラ肉を使ったもやしの野菜炒めのような「ホルモン鍋」がこちらのメイン料理です。
お店は創業50年を超える老舗のお店で今治市民にとっては非常になじみ深いお店のようです。店内での飲食はもちろんですが、持ち帰りのお客さんも非常の多いのが印象的です。

ホルモン料理は1人前500円前後一人2~3人前も注文すればおなかいっぱいとなります。今回は初めてで注文できませんでしたが、他のお客さんの注文を聞き耳たてて聞いていると、最後にうどんで〆るのが標準的なパターンのようです。初めてでしたので注文の要領が分からず恐る恐るバラとテッチャンを各1、ご飯小2つとキムチを注文、飲み物は生ビール中を注文です。

支払いは、2名で2,400円でした。これでお腹いっぱいです。調子に乗って注文を増やさずによかった。

胡麻の風味の効いたホルモン鍋

ホルモン鍋
ホルモン鍋
ご飯小キムチ
トントロ

ホルモン鍋は、噂通りもやしが大量でホルモンや肉は1人前100グラムもないんじゃないかと思います。
味付けは醤油ベースの焼き肉のたれの味と言えばイメージが伝わりやすいと思います。その焼き肉のたれにごま油の風味とすりごまの風味が特徴的でホルモンから出た油の旨味と一緒になってお肉の量は少ないですが、もやしが料理の主役に躍り出るヘルシーで満足度の高い逸品となっています。さらにうどんがあればダメ押しの満足度となる事間違いないですね。

今回の経験を踏まえて、次回は〆にうどんを注文したいと思いました。うどんを注文するのであればご飯の注文は2人で小一つでいいのかなと思います。また、追加のトントロが余分だったのと最後の方は水分が飛んで味付けが濃くなり過ぎていたように思います。もやしの追加で味を薄めてうどんを入れると丁度の味の濃さになりそうに思いました。
以上の反省点より、次回は2人でホルモン鍋を2種類各1人前にキムチとご飯小を各1、ホルモン鍋が少なくなったころにもやしとうどんを追加で注文すれば丁度かな?と思います。

お店情報

呉本屋(くれもとや)

住所:愛媛県今治市南鳥生町2-1-39

電話:0898-32-0092

営業時間:10:00~22:00

定休日:火曜日

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

Follow me!